Y's English Club

新松戸にある幼児のための英会話クラブ

教科書が読めない!?

こんにちは!

 

Y's English Club なかおか ゆりかです。

 

10月22日(土)より、新松戸に幼児のための英会話クラブをオープンします!

 

いま、子どもたちに起こっていること!?

最近は気候がとっても爽やかですね!

 

読書の秋! ポーツの秋! 食欲の秋!

 

秋は何をするにも最適ですね。

 

さて、中でも私は 読書の秋 を満喫中ですが、

 

今読んでいる本が、親という立場からとても興味深いものだったので、シェアしたいと思います♪

 

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』 by 新井紀子

 

著者は、「ロボットは東大に入れるのか!?」というプロジェクトをされていた数学者の方です。

 

東ロボくんってなんとなくテレビなどで聞き覚えがありませんか。

 

「AIに仕事を奪われる!」

 

最近よく聞くフレーズですよね。

 

AIができるまでの仕組みを知ると、

 

やはり人間に置き換わるということは、不可能なのだということがよ~く分かるのですが、

 

でも世の中には、確実に様々な分野で、AIが浸透してきていますよね。

 

ただ、番の問題はそこではありません!

 

なんと、きちんと読めば誰でも理解できる日本語の読解力

 

今、子どもたちは、これを身につけられないにも関わらず、

 

どんどん進学しているという事実があるらしいのです!

 

読解力がないと、文章の理解ができませんので、

 

そもそも教科書が理解できないのだとか!

 

そんなことってある~!?

 

もう本当に驚いて、危機感を感じてしまいました。

 

小学校から英語?プログラミング?

 

いやいや、それより最も大切なのは、全ての土台である読解力です。

 

これがないと、大変なことになっちゃうよ~!

 

この本で印象的だったひとこと。

 

「1に読解、2に読解、3、4は遊びで、5に算数」

 

英語を教える立場ですが、国語の授業の重要性は計り知れないということを知りました。

 

理科も社会も算数も、まずは読解力をもって理解できなきゃ始まらない~!

 

この先もAIに置き換えられない仕事は、

 

コミュニケーション能力、

 

ものごとへの理解力、

 

人間らしい柔軟な判断力、

 

これらを要求される分野の仕事だそうです。

 

でも、これらの土台がない子どもたちがどんどん増えていき、

 

それと同時に、この先AIがもっと普及してきたら、

 

仕事の奪い合いや、最悪、できる仕事がないなんて状態に!

 

怖いですね~。

 

教育現場、特に学校の先生たちの仕事量が大変なことになっていると、

 

ニュースで頻繁に耳にします。

 

本当に大変なお仕事だと思います。

 

親としてサポートできること、やるべきことは、

 

きちんとやらなければいけないな!と改めて思いました。

 

今回は英語と全く関係ありませんでしたが・・・

 

本を読むと知識や世界が広がって、世の中を見る目が少しずつ変わっていきますね。

 

皆様も、素敵な秋、お楽しみ下さい!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

 

【Y's English Club】幼児のための英会話クラブ

主催:中岡ゆり香(Yurika Nakaoka)

連絡先:080-1219-9759

LINE:https://lin.ee/3663HTm

Instagramhttps://www.instagram.com/y.e.c.1022

twitterhttps://www.twitter.com/YsEnglishClub10

 

場所:おうちスペースflat

千葉県松戸市新松戸3-178-2 1階