Y's English Club

新松戸にある幼児のための英会話クラブ

ハッとした!親子関係を見直すきっかけ

こんにちは!

 

Y's English Club なかおか ゆりかです。

 

10月22日(土)より、幼児のための英会話クラブをオープンします!

 

子育ての悩み

世の中のお父さん、お母さん、

 

子育てをサポートするおじさん、おばさん、祖父母の皆さまも。

 

大変大変、ご苦労様でございます!

 

私も現在進行形で、5歳児(年中さん)を育てる1児の母親。

 

精神的にも体力的にも、子どもを育てるということの大変さは、

 

他に比較ができないほどのものですよね。

 

ただ、それと引き替えに、子どもが与えてくれる嬉しさや楽しさも、

 

決して何か別のもので埋められるようなレベルのものでは無いのも事実。

 

だからこそ、大変だけど続けられる!

 

子育てしているだけであなたはすごい!偉い!さすが!

 

楽しみながら、一緒にがんばりましょう。

 

アドラー心理学

昨日とても素晴らしい本を読み終えました。

 

すでに出版から9年も経っていて、とっっても話題になり、今も大人気の、

 

『嫌われる勇気』 by 岸見一郎 古賀史健

 

コチラの本、読まれた方も多いと思います!

 

この本で、自分の子育てを今すぐ見直さなきゃ!と思う教えがありました。

 

さて、みなさんは、お子さんと一緒に過ごす様々な場面で、

 

自分の子どもだから当たり前のように言うことを聞かせたり、

 

もたもたしていると、何かと手を貸しすぎてしまったり、

 

そういうことってありませんか?

 

アドラーは、これらを、人の世界へ土足で踏み行って、

 

他者(子ども)の課題に勝手に介入していると言っています。

 

私も思い当たる節がありすぎて、ドキリとしてしまいました。

 

もし何かと口出ししたり、手伝いすぎている場合、それは、

 

子どもの課題を勝手に取り上げているっていうことなんですね。

 

よかれと思ってやっていることが、むしろ良くないことだった・・・

 

特に子育てについては、

 

この様にネットや本からの情報を自分に当てはめて、

 

ハッ!とすることがすごく多いなと感じでいます。

 

では、なぜそうなってしまうのでしょうか?

 

それは、

 

私自信もママという役割を、ぶっつけ本番で始めてやっているからです!

 

子育ての答えって1つじゃないんですよね。

 

全てに通ずる教科書は存在しません。

 

ただこの本は、子育てに関わる全ての人に是非読んでもらいたい良本でしたのでご紹介しました。

 

おすすめです!

 

あの時子育て中なら!

大手英会話学校で講師だった頃、私にはまだ子どもがいませんでした。

 

なので、子ども達の英語の成長を見させてもらいつつも、

 

それはその子や親御さん達の、ほんの一面なのだということを、

 

それほど意識できていなかったんですよね。

 

今、親になって思うのは、

 

もし当時自分が母親だったら、

 

あの時のお子さん達、親御さん達の家庭での成長を、

 

母親目線で、もっともっとリアルに理解したり、想像したりしてあげられたのにな~ということです。

 

あの当時は自分にできることを精一杯やっていたつもりですが、

 

今の母親になった自分にはかなわないだろうな~って。

 

Y’s English Clubでは、英語学習だけでなく、

 

みんながわいわい集まって話せる、そんな場所を提供できたらと思います!

 

悩みも共有OKですよ~。

 

分かる分かる!うちもそうだよ!

 

その共感、嬉しいんですよね~。

 

是非、遊びに来て下さい!

 

体験レッスンはコチラ

https://yec.hatenablog.com/entry/2022/09/18/134928

 

【Y's English Club】

主催:中岡ゆり香(Yurika Nakaoka)

連絡先:080-1219-9759

Instagram:y.e.c.1022

twitter:YsEnglishClub10

 

場所:おうちスペースflat

千葉県松戸市新松戸3-178-2 1階